幼稚園の就活をしてみた結果

ようちえんの先生を目指すblog

特別区幼稚園 一次試験 勉強法

どうも、こんばんは。


特別区幼稚園 試験結果が出ました。

6/30に自己採点して 公務員は6〜7割で

通過できるって話を聞いて

「いけるんじゃないかな?」と思ったら

いけました\(^o^)/


点数は言いませんが 6〜7割で大丈夫です。


というわけで

この勉強法で行けることがわかったので

紹介させてもらいます。



*筆記試験勉強法*


特別区幼稚園の過去問を解く


以上です!

いろいろ幼稚園ランナーに手を出してみたり

採用試験対策の本とか

幼保模試とかいろいろ課金しましたが

過去問解くことが一番でした。


そしてなんといっても過去問に

問題集まで付いているので

「過去問だけで行けるの?」と

不安に思う方も大丈夫です。

過去問のテキストだけでいけます。


この過去問だけでいけます。

厳密には違うんですけど問題集はこれだけでOK。

あと何が必要かと言いますと


・幼稚園教育要領

→最新版は保育所認定こども園のもついてる!

・法律をプリントアウトしたもの


わたしは上記二点を使いました。

法律をプリントアウトしたものは

頻出の法律を紙ファイルに挟みました。

過去問にも抜粋で乗ってますが

乗ってるところが出るとは限らないので

とりあえず幼稚園が関係しそうなところは

一通り目を通しました。


それでも穴があるので

ヤマを張ってプリントアウトすべし!

今年だったらオリンピックのことでしたね!

わたしは別のヤマを張っていて

オリンピックはチェック抜けてました…。

東京都教育委員会のホームページ

チェックしておくのもいいかもしれません。


ダラダラ語ったのでここからスパッとまとめますね。

わたしは5月から2ヶ月間以下の勉強をしました。


1.過去問を解く

2.答えのポイントにマーカーを引く

3.マーカー部分を要領や法律から探しマーカーを引く

4.マーカー部分を空き時間に熟読する

(わたしの場合はバスでの通学時間)


大学生で週3コマしかなく暇だったので 2ヶ月で受かりましたが もっと忙しい学生は前年から始めるべきかもしれません。


マークシートなので 用語を完璧にする必要はなく、公立幼稚園教諭としての「考え方」をインプットするための勉強法です。

わたしは保育士試験は「サイコパスでなければ受かる」と思いながら受け、受かりました。

同じように「幼稚園教諭はこういう考えを持ってればいいんだ」ということを過去問から感じ取れれば 問題の正答率も上がって行くと思います。



*小論文対策*


これは 他の養成校の人は教授に見てもらえばいいんだろうけど わたしは頼れる人がいなかったので 最終的には別の養成校を先に卒業した友達にアドバイスを貰いました。


対策は4月から始めました。

まずは90分で1200字を書ききる練習。

最終的には60分で1200字を書く練習をしました。


特別区幼稚園は特殊な事例式の問題なのでとても厄介ですが 落ち着いて自分の考えと保育観をしっかり持って書けば大丈夫です。せいかいはありません。


わたしは過去問に乗っていた平成22年度までの問題を3周しました。

1周目は幼稚園教育要領を片手にお手本通りに

2周目は幼稚園教育要領をチラ見しつつもオリジナリティをつけて

3周目は試験と同じ条件で書きました。


でも、いくら練習しても本番はテンパりますし「順番的にそういえば造形だよね」って事例読みながらめちゃめちゃ後悔しました。


わたしのヤマは「音楽」だったので 外れてしまいましたが 切り替えて書いていきました。

ヤマが外れたので要領の「ねらい」や「内容」を盛り込むことはあまりできなかったんですけど、新要領が大切にしていることを盛り込んで合格を勝ち取りました。

何点ついてくるのかは 結果の送付のお楽しみです。

いま特定されると怖いので 来年のこの時期にでもお伝えできればと思います。



ここから未知の二次試験です。

わたしのできることを最大限やって 採用してもらえたら嬉しいです。

東京都特別区幼稚園教諭採用試験

先ほど特別区幼稚園教諭受験終わりました。

前日緊張で4時間しか寝れませんでしたが

とりあえずやれることはやりました。

結果はどうなるかわかりませんが(´・ω・`)

わたしは県外からの受験で

大学による支援もほとんどない状態での

受験でしたので

少しでもそういった人の助けになりたいと

思い記事を書かせていただきます。

とりあえずレポとしてはこんな感じ。

・今回は新要領の出題なし。

・8:55から試験の説明開始、9:00には終わる

→9:20まで20分間ぼけーっとしてるのが辛い!

・問題用紙はお持ち帰り可能です。

・小論文は1440字まで書くことができます。750字で折り返し、横書きです。マス目が小さいです。鉛筆で来ましたが太くなって来ると厳しい………

・小論文は開始30分後から終了10分前まで途中退出可能です。何人も途中退出していました。

・スーツと私服半々くらいです。冷房が効きすぎる部屋だったので長袖着ていって(スーツ)正解でした。

・雨が降りましたが傘袋は用意してくれます。

・一部屋で十人くらい欠席者がいました。

・やはり女性受験者が多いので 女子トイレが混むのでできるだけ事前に行くのがベストです。

・受験会場が専修大学でした。九段下駅付近のスターバックスが朝早くから空いているので 早めに到着してスタバで勉強していました。

・6/30〜7/7に正答公開するそうなので、自己採点できるようにしておきましょう。

・周りがグループ(?)で受験してるので少し1人受験が寂しかった…( ̄O ̄;)

思い出し次第追記していきたいと思います!

就活のスタートライン

わたしが3/1になるまでにやったことを書き出します。


・一年前からシュミレートする

マイナビとかいろんなところをログインはせずに求人とかを見て様子を伺いました。

・OBの話を聞く会に参加

→OBというか就活を終えた四年生に話を伺いました。わたしの一つ上の代はわたしの知り合いの先輩だけで3/200人幼保の就職を決めた人がいたのでお話を伺いました。やっておいたほうがいいこと、注意点、試験内容やスケジュールを聞くことができました。

→他にハローワークを利用して他大学の保育学生の先輩からお話を伺うこともできました。前述した3人の先輩は全員私立だったのでここで唯一公立のお話をきくことができました。

・ココキャリバスツアーに参加

ステマなんですけど、幼保の診察での就活はこの会社に頼るのが一番だと思います。就活仲間ができたり、ノウハウがわかったり、いまの幼保の現場に求められているものがわかったような気がします。

・参考書(中古)の購入

→新年度に合わせて参考書は出るので、TSUTAYAブックオフで安くなってるものを購入して勉強を始めました。4月ごろになり続々と2017年度の物が出たら買い換えていきました。中でも「幼稚園ランナー」は一年前の11月ごろには2017年度版が発売されるのでそこから手をつけていくのもいいかもしれません。


参考になれば幸いです。

自己紹介

こんにちは。

しがない教育学部の四年生です。

幼保の就活のノウハウが

さっぱりわからない

小中学校の教員養成校に通っています。

少しでも同じ立場の人の

役に立てればと思い、

ブログを始めました。

よろしくお願い致します。


わたしの自己紹介をさせていただきます。

専門教科:家庭科

取得免許:幼小中特支+保育士免許

教育実習:小学校四週間、

幼稚園一週間、特別支援学校二週間、中学校二週間 の予定です。

実習校はすべて附属校になりそうです。

特技はキャラ弁作りで、小学校幼稚園で好評でした。

得意な授業は図工と道徳。苦手だったのは国語と理科でした。

パソコンを打つのが得意なので指導案づくりは周りの二倍の速度でできたので、小中学校実習でデータでの指導案提出求められる方はタイピング早くしておくのも準備の一つかなと思います。

長かった小学校実習がずっとスーツだったので スーツはめちゃくちゃ着慣れてます(笑)